きれいな部屋と素敵な外観の一軒家
アパート

マイホームを建てる予定なら、パンフレットで間取りなどの条件を確認するだけではなく、住宅展示場に行きましょう。住宅展示場は、モデルハウスが何軒も建っています。ミニサイズではなく、実物の家が建っているわけですから、台所の使い勝手など生活動線をリアルに体験することができます。写真だけでは分からない立体的な情報を確認する場として、住宅展示場は最適な場になることは間違いありません。

わざわざ住宅展示場まで見学に行くのは面倒、と感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、得られるメリットは本当にたくさんあります。できれば、契約するハウスメーカーを決めていない段階で展示場に行くのが理想的です。ハウスメーカーのモデルハウスには、色々なメーカーの最新技術が集約されています。特定のハウスメーカーが単独で展示場を建てていることもありますが、メーカーを絞り込めていない段階なら複数メーカーのモデルハウスが集まっているタイプの展示場がおすすめです。

いずれにしても、部屋の実際の雰囲気や床、壁の素材などを、自分の目で確認することで、各メーカーの得意な部分が見えてきます。建築関連の用語は難しいものが多く、パンフレットに並ぶ専門用語が理解できないこともあるでしょう。その点、実際に設備や素材をチェックすることができると、肌感覚で知識を吸収することができ、好みに合うメーカーもおのずと絞られてきます。

また、空間の広さをチェックできるところも展示場の良さです。最初は部屋数が多い方が良いと希望していても、モデルハウスを見学して1部屋1部屋の空間に余裕がある方が良いと考えが変わることも珍しくありません。部屋から眺めた時の庭のつくりなど、実際の住宅の中を歩き回ることで具体的なプランがどんどん出てくるのも、展示場に見学に行く魅力の1つです。できれば家族で一緒に行って、お互いの意見を出し合いましょう。

その他、メーカーの営業マンと出会えることも展示場に行く利点です。メーカーによって営業マンのタイプはかなり違うので、真面目で丁寧に説明してくれるところから、とにかく楽しく接客してくれるところまで様々です。もちろん、同じメーカーでも営業マン一人一人の個性はありますが、社風も影響するのである程度統一性を感じることができます。営業マンとは契約後も連絡を取り合う機会が増えるので、テイストの違うメーカーを選んでしまうとストレスになります。社員教育がしっかりしているな、と感じる営業マンがいるかどうか、是非展示場でチェックして下さい。